プロフィール

齊藤暁美の写真

齊 藤  暁 美
Akemi  Saito

  日々犬化しているJDBA認定ドッグトレーナーの齊藤暁美(さいとうあけみ)です。


  小さな頃から生き物が大好きで、魚類から哺乳類までの飼育経験を総なめしています(笑)。


  ふとしたことから日本の保健所の犬猫の殺処分の実情を知り、「保健所の子たちを迎えよう」と、大型犬を中心に保護犬たちと保護猫たちを迎え、犬6匹と猫3匹と人間たちの楽園で暮らしています。

トレーナーになった理由


  多頭飼いをする中で目にした「犬の素晴らしさ」。意思表示はしつつも争いは極力避ける、ちゃんとコミュニケーションをとり犬同士で問題解決する、辛い過去があっても明るく全力で生きる。


  完全に犬に魅せられ、犬を知りたい気持ちが始まりでしたが、次第に「咬傷犬」のような高確率で殺処分される犬に「新たな犬生」を送れる機会を与えられるようなトレーニング技術を習得したいと思うようになり、イギリス式ドッグトレーナーを始めいくつもの犬関係の資格を取得しました。

JDBA・田中雅織先生との出会い


  犬のトレーニング方法の中で、大小問わず「犬に強制する」ことにアンチだった私は、資格取得後も「犬に優しく結果を出せるトレーニング方法」を模索し続け、辿り着いたのが「日本初のドッグビヘイビアリスト」であり、行動分析学の専門家であり、私の師匠である「田中雅織先生」でした(以下、「師匠」)。


  師匠が理事長を務めるJDBA(Japan Dog Behaviourist Association:一般社団法人  日本ドッグビヘイビアリスト協会)は動物福祉の向上を目指し、「犬に苦痛を与えるグッズの使用禁止」を大前提としており、師匠自らも保護犬を何匹も迎えておられます。


  何人ものトレーナーを巡り巡って、師匠に辿り着いた飼い主さまも沢山いらっしゃいました。どんな問題行動も見事に解決していく「日本の最後の砦」ともいえる師匠から伝授していただいたトレーニング技術は、私の人生最高の宝物です。

私の想い


  犬の問題行動を目にする度に「この子は苦しいんだな。」と胸が痛みます。


  言葉を話せない犬の苦しみが行動として表出していることに、飼い主さまが気付き、一日も早く「根本的な解決」に向けて動いてあげて欲しいと思います。


  「種」が異なる人間と犬が、お互いをリスペクトしながら共存できる平和な世の中になることを心から願うと同時に、その実現のために微力ながら尽力していきたいと思っています。


  「世界に変化を望むなら、自らがその変化になれ」(マハトマ・ガンジー)

師匠より「日本の飼い主さまへ」

取得資格

★一般社団法人  日本ドッグビヘイビアリスト協会認定ドッグトレーナー(JDBA-DT)

●JDBA - Japan Dog Behaviourist Association(一般社団法人  日本ドッグビヘイビアリスト協会)

(1) Canine Behavior and Psychology DIPLOMA(犬の行動と心理学基礎講座 修了証)

●I.S.A.P - International Society of Animal Professionals(国際アニマルプロフェッショナル協会)

(2)Canine Studies DIPLOMA

(3)Canine Behavior and Psychology DIPLOMA(犬の行動と心理学 修了証)

●Compass Education and Training. UK(英国国際教育機関Compass)

(4)Canine Studies DIPLOMA

(5)Canine Behavior and Psychology DIPLOMA(犬の行動と心理学 修了証)

●DBCA - Dog Behaviour Counselling Association(犬の行動心理カウンセリング協会)

(6)Canine Studies DIPLOMA

(7)Canine Behavior and Psychology DIPLOMA(犬の行動と心理学 修了証)

●一般社団法人 ジャパンケンネルクラブ

(8)愛犬飼育管理士

●JPLA - Japan Pet Licence Association(一般社団法人 日本ペット技能検定協会)

(9)家庭犬トレーナー1級

(10)小動物看護士

(11)小動物介護士

(12)ペット飼育管理士

(13)ドッグシッター

(14)セラピードッグトレーナー

(15)ペットロスケアアドバイザー

第一種動物取扱業

訓練  20東京都訓第006733号

保管  20東京都保第006733号

動物取扱責任者  齊藤 暁美

齊藤星の写真

齊 藤  星
Akari  Saito

  JOIE DE LA VIEでシッターを担当しております、齊藤星(さいとうあかり)と申します。


  現在、個性豊かな動物たち(犬6匹、猫3匹)と一緒ににぎやかに暮らしています。

  私が「ペットシッター」の存在の偉大さについて知ったのは、家庭の事情で普段通りの散歩ができなくなり、シッターの方々に犬の散歩を手伝っていただいた時です。お世話になったシッターの方々は、我が家を明るく照らしてくれる太陽のような方々で、犬も私たち人間も、とても救われました。


  ペットシッターの存在の偉大さに感銘を受けた私は、「我が家の動物たちと暮らす中で培われた手際の良さと体力(笑)、本や母から得た知識を最大限に活かし、少しでも多くの飼い主さまやペットの力になりたい!」と思い、ペットシッターの資格を取得しました。現在は、ホリスティックケアについても勉強中です。

  シッターとして何よりも大切にしていることは、「ペットの気持ちを尊重する」ということです。

  動物は人間のように言葉でコミュニケーションをとることはできませんが、ボディランゲージやカーミングシグナルなどを使って、いろんな気持ちをちゃんと表現しています。

  動物の行動や表情を、人間の思い込みで擬人化して解釈せずに、動物の気持ちを読み取りながら、ストレスを与えない行動をとれるように心掛けて接していきます。

  シッターとして、どんな時も、ペットと飼い主さまを明るく照らす太陽のような存在でありたいと思っております。そして一人の人間として、シッティングで関わる動物や保護動物、野生動物などのあらゆる動物たちや地球環境のために、自分にできることを熟考し、実行していきます。

どうぞよろしくお願いいたします。


  最後に、無条件に私たち人間を愛し、「生きる喜び」を教えてくれた我が家の動物たちに、心から感謝しています。

取得資格

●NPO法人  日本ペットシッター協会

ペットシッター士


●ホリスティックケアカウンセラー