サービス

\  詳しく見たい方をクリック!  /

TRAINING
SITTING

  動物は痛みや苦しみを感じる能力をもつ生き物。

  動物は嬉しい、楽しい、怖い、苦しいといった気持ちを抱く生き物。

5つの自由
 

  「5つの自由」は1960年代のイギリスで、集約畜産の虐待性を防止するための飼育基準として「ブランベル・レポート」の中で提起されたものです。現在では家畜・ペット・実験動物・野生動物など人間と関わる全ての動物に対する動物福祉原則の国際的共通認識となっています。


  5つの自由の①〜⑤がそれぞれ意味するものは


①健康と活力維持のための新鮮な水と餌の提供

②自由に身体の向きを変え、立ち上がり、横たわることができる場所の提供も含む適切な飼育環境の提供

③怪我や病気の予防や的確な診断と迅速な処置

④動物種本来の生態や習性に従った自然な行動が行える十分な空間、適切な刺激、そして仲間との同居

⑤精神的苦痛や過度なストレスとなる恐怖や不安を避ける状況および取扱いの確保


  「種」が異なる犬を、人間と同じように「擬人化」して扱い、無意識のうちにストレスを与えることが、問題行動の一因になっている場合も多々あります。


  JOIE DE LA VIEは「動物福祉」を重視したサービスを提供いたします。

出張トレーニング

【問題行動】吠える・唸る・噛む・散歩での引っ張り・拾い食い・食糞・車追い・自転車やバイクを追いかける・スケボーを怖がる・同居犬と仲が悪い・興奮しやすい・飛びつき・パニックを起こす・破壊行動・分離不安 など

  最初に1つだけはっきりお伝えします。


犬の行動を変えるためにあなたの行動を変えることが必要です。


  JOIE DE LA VIE(ジョワドラビ)は、動物行動学・心理学をベースに「なぜその犬がその問題行動をとるのか」個別に行動分析した上で行動療法を実施いたします。


  その場しのぎの対策ではなく、問題行動の根本的な部分にアプローチをしていくので、問題行動の解決に繋がります。


  また飼い主さまによくある間違いや、犬について知っておくべき事実、どうやって犬に伝えるかなど犬と正しく関わる方法のアドバイスもいたします。


  JOIE DE LA VIEは、「5つの自由」を含む動物福祉を重視して犬と関わります。


  犬に苦痛を与えるチョークチェーン・プロングカラー・ショックカラー・スリップリードなどの使用は一切いたしません。


今なら初回カウンセリング料は無料です。

お気軽にお問い合わせください。

(お問い合わせはこちら

ご利用手順、料金はこちら  >

シッティング

・飼い主様のご病気やお怪我・ペットを連れていけないご旅行や外出・仕事で帰宅が遅くなってしまう・ちょっと息抜きがしたい

  そんな時、ご自宅に伺い、飼い主様の代わりに大切なペットのお世話をするのが、ペットシッターの役目です。散歩代行のみも承ります。(散歩代サービスのみのご利用は、飼い主様在宅時に限ります)

「ペットシッター」という選択を

  動物にとって、「環境の変化」は大きなストレス要因になります。


  ストレスが蓄積すると、問題行動の表出、下痢や食欲不振、免疫力の低下による病気などに繋がる恐れがあり、場合によっては、命を落とすことにも繋がります。


  ペットシッターを利用することで、環境の変化を最小限ににとどめることが可能です。


  いつも通りの家、いつも通りの食事、いつも通りの散歩。当店は「ストレスの軽減」を重視し、ペットが住み慣れた環境で安心して過ごせるよう、全力でサポートいたします。



対応動物犬、猫、小動物、爬虫類、魚等

ご利用手順、料金はこちら  >